住民票・印鑑登録証明書・マイナンバーカードへの旧氏(旧姓)併記について

投稿日:

住民票、マイナンバーカード等へ旧氏(旧姓)を併記できるようにするための住民基本台帳法施行令等の一部が改正され、令和元年11月5日から、住民票やマイナンバーカード等に旧氏(旧姓)を併記し、様々な場面で公証することができるようになりました。

●旧氏とは?
 その人の過去の戸籍上の氏のことです。氏はその人に係る戸籍または除籍に記載されています。

●旧氏(旧姓)併記はこんなときに役に立ちます!
・各種契約や銀行口座の名義に旧氏(旧姓)が使われる場面で、その証明に使えます。
・就職や転職など、仕事の場面でも旧氏(旧姓)で本人確認ができます。
・旧氏(旧姓)での印鑑登録ができます。

●申請について
 町民課総合窓口で旧氏記載請求書を記入し申請ください。

●申請に必要なもの
・マイナンバーカードまたは通知カード
・併記を希望する旧氏(旧姓)が記載された戸籍から、現在の氏が記載された戸籍につながるまで
 の全ての戸籍謄(抄)本
・運転免許証、マイナンバーカードなどの顔写真付きの本人確認ができるもの1つ
 または健康保険証、介護保険証などの「氏名・生年月日」「氏名・住所」が確認できるもの2つ
・印鑑

●注意点
・住民票等に記載できる旧氏(旧姓)は1人につき1つとなります。
・旧氏(旧姓)併記を申請されると、住民票・印鑑証明・マイナンバーカードには必ず現在の氏
 と旧氏(旧姓)の両方が記載され、証明書に旧氏(旧姓)を記載するかしないかは選べません。
・他の市区町村に転出された場合にも、引き続き新しい住所地で旧氏(旧姓)が記載されます。
・婚姻等で氏が変わった場合でも引き続き併記されます。
・旧氏(旧姓)は削除することができますが、削除した場合には、その後氏が変更した時に限り、
 削除後に称していた旧氏(旧姓)の中から1つを選んで再度併記することができます。

●お問い合わせ
 大町町役場 町民課 総合窓口係
 電話:0952-82-3113
 FAX:0952-82-3117