身体障害者手帳・療育手帳の手続のしかた

 (1)身体障害者手帳の申請
 視覚、聴覚、平衡、音声、言語、そしゃく機能、肢体、心臓、じん蔵、呼吸器ぼうこう、直腸、小腸、ヒト免疫不全ウィルスによる免疫の機能に障害のある方は、申請書、身体障害者指定医師による診断書、意見書、顔写真1枚(縦4cm×横3cm程度)、印鑑を持参して申請してください。

 (2)療育手帳の申請
 知的障害者(児)として療育手帳の交付申請をする時は、顔写真1枚(縦4cm×横3cm程度)、印鑑を持参し、町福祉課を経由して、県総合福祉センター所長に対して行ってください。

 (3)手帳を紛失又は破損した場合
 手帳を紛失又は破損した場合は、顔写真1枚(縦4cm×横3cm程度)と印鑑を持参のうえ手帳再交付申請をしてください。なお、破損による再交付申請は破損した手帳を持参して申請してくだい。

 (4)障害の程度が変化した場合
1.身体障害者手帳
 身体障害者手帳の交付を受けたときに比較して障害程度に変化(軽く又は重くなる。)を生じた場合、又は手帳の交付を受けたときに有していた障害に加えて、それ以外の障害を生じた場合は、手帳、顔写真1枚(縦4cm×横3cm程度)、印鑑及び身体障害者指定医師による診断書を添えて手帳再交付申請をしてください。

2.療育手帳
 療育手帳は数年に1度障害程度の確認が必要です。次期判定年月が近づきましたら18歳未満の方は児童相談所、18歳以上の方は福祉課にご連絡ください。
 また、療育手帳の交付を受けたときに比較して障害程度に変化(軽く又は重くなる。)を生じたと思われる場合は、次期判定年月に関わらず判定を受けることが可能ですので、18未満の方は児童相談所、18歳以上の方は福祉課にご相談ください。

 (5)他の市町村などに転出、又は他の市町村から転入した場合
 他の市町村などに転出、又は他の市町村から転入した身体障害者手帳・療育手帳を所持している方は、手帳の住所等の変更が必要となりますので、手帳、印鑑を持参し、住所等の変更をしてください。

 (6)手帳の返還
 手帳の交付を受けた方が障害者でなくなった時、又は死亡した時は、手帳と印鑑を持参して、手帳返還の届出をしてください。
お問い合わせ先
大町町役場 福祉課 福祉係
電話:0952-82-3185
Fax.:0952-82-3060