高齢受給者証について

 高齢受給者証について(70歳以上の人の医療)
 国民健康保険に加入している人は、70歳の誕生日の翌月から(誕生日が1日の人はその月から)、役場から新たに送付する高齢受給者証を兼ねた保険証"被保険者証兼高齢受給者証"を提示して診療を受けます。


 ※被保険者証兼高齢受給者証には所得に応じて2割および3割のいずれかの負担割合が記してあります。

 ※被保険者証兼高齢受給者証は毎年8月に更新されます。更新時期ではなくても世帯等に変動があればその翌月から負担区分が変更になる場合があります。

 ※75歳の誕生日当日から、国民健康保険を脱退し、後期高齢者医療制度で医療を受けることになります。

 所得によって負担割合が異なります。
 一定上の所得がある方・・・3割負担
 各種控除後の課税所得が年間145万円以上の方及びその方と同じ世帯におられる方(年収が夫婦2人世帯で520万円未満の方、及び1人の場合は383万円未満の方はそれを証明する書類をお持ちいただき、国保窓口へ申請し認められると2割負担になります。)
 ※申請される場合の必要書類等
  ・・・収入を証明するもの、国民健康保険証、前期高齢受給者証、印鑑

一般の方・・・2割負担
 住民税課税所得が145万円未満の方

低所得の方・・・2割負担
 世帯員全員が住民税非課税の方
お問い合わせ先
大町町役場 町民課 国民健康保険・国民年金係
電話:0952-82-3114
Fax.:0952-82-3117