国民健康保険税

 

国民健康保険に加入すると、必ず国民健康保険税を納めなければなりません。
 医療費や出産育児一時金、葬祭費などの給付費用は、国の負担金、みなさんが医療機関の窓口で支払う一部負担金と国民健康保険税でまかなうこととなる重要な財源です。
 国民健康保険税額は、医療費給付分と後期高齢者支援金分及び介護納付金分(国民健康保険の加入者のうち40歳から64歳までの方)の合計額により決められます。税率等については、次のとおりです。

 項 目
医療費給付分
後期高齢者支援金分
介護給付金分
所得割額
各世帯の前年中の所得額に応じて計算 課税所得額の9.5% 課税所得額の3.3% 課税所得額の2.4%
資産割額
平成24年度より廃止
均等割額
各世帯の加入者一人につき計算 24.600円/人 7.000円/人 9,300円/人
平等割額
一世帯につき計算 31.600円/世帯 8,200円/世帯

5,800円/世帯

限度額 540,000円 190,000円 160,000円

※国民健康保険税の納税義務者は世帯主です
 国民健康保険税は世帯を単位としますので、世帯主が納税義務者となります。
※保険税の軽減制度
低所得者の保険税負担を軽減する制度です。この制度を適用するためには、所得税や住民税の申告が必要でない方も必ず申告が必要となります。所得がない方も申告がされない場合は軽減を受けることができません。
※国民健康保険税の特別徴収
 国民健康保険の加入者が65歳以上75歳未満の方のみの世帯の納税義務者の方は、年金からの特別徴収となる場合があります。
 特別徴収の対象となる条件は、
1.世帯主が国民健康保険の被保険者となっていること
2.世帯内の国民健康保険の被保険者の方全員が65歳以上75歳未満であること
3.特別徴収の対象となる年金の年額が18万円以上であり、国民健康保険税が介護保険料と合わせて、年金額の2分の1を超えないこと
となります。
 ただし、本人の選択により口座振替に変更ができます。その場合には、申請が必要となります。(税の滞納がある方は、口座振替への変更手続きはできません。)

なお、場合によって、上記のとおりに手続きができないこともあります。
詳しくは、下記までお問い合わせください。

お問い合わせ先
大町町役場 町民課 税務係
電話:0952-82-3115
Fax.:0952-82-3117