ピロリ菌感染検査費用助成事業

 この検査は、胃がんや胃潰瘍など主に胃の病気を発症させる原因となるピロリ菌に感染していないかどうかを調べるものです。 ピロリ菌とは、胃の粘膜に生息する悪い菌で、ピロリ菌に感染すると炎症を引き起こし、胃炎や胃潰瘍、胃がんなどの胃の病気につながっていくことが報告されています。ピロリ菌に感染してもその時点では症状がなく気づかない人がほとんどであり、また感染すると菌はそのまま住みつき、ほぼ一生持続します。
 しかし、検査を受け除菌治療を行っていくことにより胃がんなど胃の病気の発症のリスクを抑えることができます。

 現在、大町町では検診機会の少ない若い方を対象にピロリ菌感染検査費用の一部助成を行っております。

<助成の内容>

☆検査前に役場の保健福祉課保健係(「美郷」)で申請手続きが必要です。

申請

対象者
対象者

・検査日当日に大町町に住所がある者
・20歳~39歳までの者(検査日の年度の3月31日現在の年齢)
・過去にピロリ菌感染検査を受けたことがない者

※現在治療中の方、胃の全摘出手術をした方は検査の対象にはなりません
申請に必要な物

印鑑

検査

検査場所
大町町立病院(予約不要)
 月~金曜日(祝日を除く)
 午前9~16時 ※昼休みも対応しています
持参する物
問診票(申請時にお渡しします)・健康保険証
検査方法
抗体測定(血液検査)
 血液を採ってピロリ菌の抗体を検査します
自己負担額
1,500円(医療機関の窓口でお支払いください)
結果
後日、結果通知を保健係より送付します

 

【お問合せ先】
大町町役場保健福祉課保健係
TEL:0952-82-3152